情報電気工学科

研究内容

※研究グループは、必ずしも教育プログラムと直接対応するものではありません。

先端情報通信

ユビキタス社会の実現のためには、コンピュータのソフトウェアとハードウェア双方に可変性を導入し、柔軟で適応性の高い情報処理システムを構築する必要があります。この研究分野では、コンピュータアーキテクチャ、ハードウェア設計など「ハードウェア技術」の専門家、アルゴリズム、オペレーティングシステムなど「ソフトウェア技術」の専門家、および、マイクロ波・ミリ波工学、回折光学など「情報通信・電磁波工学」の専門家が有機的に連携して研究活動を行っています。

  • 情報基礎・ソフトウェア基礎
  • データ工学・組み込みシステム・アルゴリズム
  • コンピュータアーキテクチャ
  • システムソフトウェア
  • 集積システム設計
  • マイクロ波・ミリ波工学

などを含みます。

シミュレーションソフトの出力

シミュレーションソフトの出力

光のシミュレーション

光のシミュレーション

機能創成エネルギー

エネルギーの有効利用や代替エネルギーの開発、新機能材料やデバイス開発は、エネルギー基盤の安定化や環境問題の解決に重要な役割を担っています。この研究分野では、火力発電、原子力発電など大型電源や分散型電源による電気エネルギーの発生やこれらの機械・熱・光エネルギーへの変換、電気エネルギー輸送、電気エネルギーの利用技術と、超伝導デバイス、半導体集積回路技術、ナノ構造デバイス及び材料など電子物性及びデバイスに関する広範囲の研究活動を行っています。

  • 電力システム
  • 電気エネルギー応用
  • 環境エレクトロニクス
  • 電子デバイス
  • 複合極限機能科学計
  • ナノ構造デバイス
  • 電子材料

などを含みます。

水面上パルスプラズマ

水面上パルスプラズマ

ナノ薄膜形成実験

ナノ薄膜形成実験

人間環境情報

少子高齢化や環境問題などを抱えるこれからの社会では、人間が安全で快適な社会生活を送るための支援システムに関する技術の開発が急務となっています。その実現のためには、人間とそれを取り巻く環境を多角的に捉える研究が必要です。この研究領域では、電力エネルギー制御分野、医用福祉工学分野、波動情報通信分野、信号・情報処理分野に関わる多種多様な要素技術とその有機的統合について、広範囲の研究活動を行っています。

  • 音声言語インタフェース
  • 医用生体工学
  • システム制御
  • 情報計測処理
  • 画像情報処理
  • ICT基礎・応用
  • 電気自動車

などを含みます。

ウェアラブルセンサ

ウェアラブルセンサ

電動ビークルの自動運転

電動ビークルの自動運転