学科案内

  • 学科案内トップ
  • 物質生命化学科
  • マテリアル工学科
  • 機械システム工学科
  • 社会環境工学科
  • 建築学科
  • 情報電気電子工学科
  • 数理工学科
  • 工学部・学科 動画紹介

機械システム工学科

学科のサイトへ



概要

 機械システム工学科は、1897年発足の旧制第五高等学校工学部機械工学科を起源とする由緒正しい歴史と伝統のある学科で、これまでに数多くの優れた機械技術者を輩出しています。本学科の教育プログラムは、伝統的なこれまでの基礎から専門科目までの充実した機械工学の教育プログラムに、コンピュータを利用する情報応用技術科目を加えて再構成されており、近年の産業界のニーズにも十分対応したものとなっているだけでなく、2002年度には日本技術者教育認定機構(JABEE)からも国際的な水準であることが認定されております。インターンシップによる単位認定の制度や、研修旅行、工場見学等の学科主催の行事も含めて、在学中から産業界のことを良く知る機会にも恵まれています。
 また大学院の重点化に伴い、2006年度より学部と大学院との一貫教育を図るカリキュラムが新たに編成されています。研究面では、世界レベルの最先端の研究から、熊本をはじめとする九州地域の産業振興を目指した研究に至るまで、その分野でトップクラスとなる研究が数多く行われ、世界に通用する技術者・研究者の育成にも学科として積極的に取り組んでいます。卒業後の進路では、3分の2の学生が大学院(熊本大学、九州大学、京都大学、東京大学など)に進学しており、残りの3分の1の学生は、希望者については全員就職が決まっています。


アドミッションポリシー

 機械システム工学科は、もの作りの基幹技術である機械工学を幅広い問題の解決に活かせる技術者、研究者の育成を目指して、次のような人を求めています。

01

人間の幸福、人間と環境の融和に対する問題意識を持ち、そこにある課題ともの作りの係りについて強い関心を持つ人


02

国際的な視野と優れた表現力やコミュニケーション能力を身に付け、リーダーシップと行動力を発揮する技術者となることを目指している人


03

自ら課題を発見し、計画を立てて学習し、問題解決を目指すことが出来る人


04

機械工学の専門知識だけでなく幅広い教養を身に付け、新時代のもの作りに創造的に係る技術者になる意欲を持つ人


05

機械システムの開発や機械技術の応用・活用に興味があり、独創的な発想を以て技術革新に貢献しようとする人


06

高等学校までの履修科目の基礎事項を理解し、その上で特に数学、物理、化学のいずれかあるいは複数の科目において特に優れた力を有する人


PAGETOP