学科案内

  • 学科案内トップ
  • 物質生命化学科
  • マテリアル工学科
  • 機械システム工学科
  • 社会環境工学科
  • 建築学科
  • 情報電気電子工学科
  • 数理工学科
  • 工学部・学科 動画紹介

社会環境工学科

学科のサイトへ



概要

 社会環境工学科では、

・自然災害から市民の生命や財産を守る防災技術
・生活や生活活動に必要不可欠な社会基盤施設の計画・設計・建設・管理技術
・自然環境との共生や資源循環型の社会基盤整備などの環境保全技術
・まちづくりや地域防災システム
・都市デザイン

に関する教育・研究を行っています。また、本学科ではソフト(計画、デザイン、評価)とハード(力学解析、設計、管理)の両面から社会基盤システムを創造できるような幅広い視野と高い専門技術力を有し、地域の課題に対して技術的にも政策立案でも貢献できるエンジニアを養成することを目標に教育プログラムを編成しています。1年~2年次においては社会環境工学に携わる研究者・技術者にとって必要不可欠な科目を履修し、3年次への進級の際に「土木環境工学」と「地域環境デザイン」のいずれかのコースを選択することになります。


アドミッションポリシー

 社会環境工学科では、自然環境や地域社会との共生を図りながら、道路、橋、河川、空港、港湾などの社会基盤を設計・建設・保全・利活用する分野、並びに安全・安心で魅力的な都市や地域を計画・デザインする分野で幅広く活躍することができる人材の育成を目指します。この目標から、本学科は次のような人を求めます。

01

環境と共生を図る社会基盤づくりや、安全で魅力的な街をつくる地域防災に興味を持ち、技術者として倫理観を育んでいける人


02

まちづくりやものづくりなどによって地域社会の発展に貢献する意欲がある人


03

好奇心、探求心、向学心をもってものごとに接し、様々な人と協働して課題に取り組むための協調性を育んでいける人


04

高等学校までの履修科目の基礎事項を理解し、数学、物理、化学、あるいは情報処理に関する知識を柔軟に応用し、独創的な思考力をもって自ら考え、行動できる人


05

情報収集、情報発信、コミュニケーションの手段としての情報科学や外国語能力の向上のための努力を持続できる人


PAGETOP