お知らせ

一覧へもどる

工学部120周年事業で『熊本大学工学部研究資料館図録』を刊行

2017-08-02 掲載

 赤レンガの工学部研究資料館は、1908(明治41)年に建築された熊本高等工業学校の機械実験工場で、工作機械類とともに重要文化財に指定されています。館内には日本の産業史上貴重な機械や模型・資料・古写真を所蔵し、定期公開を行ってきました。
 創立120年にあたり、今回初めて所蔵品を網羅し、解説する図録が11月の創立記念行事に合わせて下記のとおり刊行されることになりました。工学部に至るまでの沿革や、当時の授業・実習等学校生活の古写真等も掲載していますので、熊本大学工学部とその前身である熊本高等工業学校にかかわりのあるどなたにとってもたいへん興味深い内容になっています。

『熊本高等工業学校 熊本大学工学部研究資料館図録』
刊行予定:2017年11月
体裁:A4版 160ページ
編集:工学部研究資料館図録編集委員会
頒布方法などの詳細については【参考データ/URL】をご覧ください。


PAGETOP