産業の基幹技術となるマテリアル (材料)の可能性を追究

金属材料の製造プロセスやレアメタル回収技術の開発など、日本の素材 技術力をリードする研究を進めています。

マテリアル工学科 教授

河原 正泰

Masayasu Kawahara

都市鉱山から宝の山を掘り出す

 すべての産業の基幹技術となるマテリアル(材料)の可能性を追究するのが、マテリアル工学科の研究テーマです。河原正泰教授の指導するエコマテリアルプロセス研究室では、主に金属材料の製造プロセスとレアメタル(希少金属)の回収技術についての研究に力を注いでいます。

 金属材料の製造プロセスについては、地球規模での環境保全を念頭において、鉄、ニッケル、コバルト、銅などの鉱石から金属を効率よく取り出す方法や、金属の製造過程で出る廃棄物から鉛やヒ素などの有害な重金属が溶け出さないようにする新技術の開発を進めています。

 レアメタル回収分野では、携帯電話機やテレビ、デシタルカメラ、パソコン、MDなどの電子機器や身近な小型家庭電気製品から、ニッケル、ゲルマニウム、ガリウム、金、白金、インジウム、パラジウムなどを取り出すノウハウの研究にあたっています。いずれも、国内ではほとんど産出しない希少金属ですが、日本の産業にとっては、欠かせない貴重な素材ばかりです。

世界の産業を支える日本の素材技術力

 河原教授は「日本国内にある大量の電子機器や小型家庭電気製品には“都市鉱山”と言われるほどレアメタルが備蓄されています。レアメタルの国際価格が急上昇している今“都市鉱山”から低コストでレアメタルを取り出す技術の開発は、日本の将来にとって大きな意味を持っています」と話します。

 マテリアル工学科は、エコマテリアルのほか、材料物性学、材料組織・界面制御学、先端材料加工学、環境工業材料学、機能材料設計学の各研究室で「マテリアルの革新技術を開拓する人材」を育成しています。「好奇心。そして、どんな地道な仕事もやりとおす熱意と体力を学生に望んでいます。世界の産業を支えているのは日本の素材技術力です。みんなで世界をリードする研究をしましょう」と河原教授、意欲的な人材の登場を期待しています。

OTHER REPORT

  • 応用志向で新しいケミストリーを切り拓くフロンティア集団
  • 機械工学の最先端技術を総合的に研究開発
  • 人と自然との共生をテーマに幅広い研究分野を開拓
  • 「賢者は歴史に学ぶ」—建築の美と教養を身につける
  • 生活と環境改善に役立つ電気・情報技術の創出
  • 数学と工学の総合的融合でデジタル社会に貢献

PAGETOP