在学生の声

  • ホーム
  • > 在学生の声:機械システム工学科 梅井淳平

「自由だからこそ目的を持つことが大切。」

機械システム工学科 梅井 淳平

 人々の生活の中で機械は広く使われているので、機械を学ぶことによって社会に貢献できればと考えました。また、私としても自動車関係に興味があったので機械システム工学科を選びました。

 いま卒業研究で取り組んでいるのは、工作機械の中でも多く使用されている5軸のマシニングセンターに関するものです。加工動作に対して数学的なモデルを考えてシミュレートすることにより、加工後の機械の組み立て誤差を評価する研究です。

 これまで研究以外で特に思い出に残っているのは、サッカーのサークルに関することで、熊本県の社会人リーグにも参加していました。チームとして上を目指すところにやりがいを感じました。

 卒業後は自動車部品メーカーに就職が決まっており、入学の時からの夢を実現したいと思っています。ユーザーから直接から見えないところに多くの重要な技術があるのがわかり、それらを向上させるために頑張ろうという気持ちが湧いています。

メッセージ

大学は入ってみて、とても自由なところと感じました。しかし逆に、目的を持つことが大切で、目標に向かって頑張ることが必要ですね。

OTHER STUDENTS’ VOICE

  • マテリアル工学科 山口 将史
  • 社会環境工学科 永井 千彩希
  • 物質生命化学科 木村 かさね
  • 情報電気電子工学科 中村 明日希
  • 数理工学科 石原 葉月
  • 建築学科 光山 哲平

PAGETOP