在学生の声

  • ホーム
  • > 在学生の声:マテリアル工学科 山口将史

「材料は産業の基本。興味を持って!」

マテリアル工学科 山口 将史

 私の親戚で材料方面の方がおられ、熊本大学のマテリアル工学科はレベルが高いと聞いていたのですが、元々、材料の分野には興味がありこの学科に入りました。材料というのは全ての生産分野の基本ですから、優れた材料を使えば、優れた物ができるはず、生活を豊かにすることができると思いました。

 卒論のテーマはこれから重要になる火力発電所に関わるものです。フェライト系耐熱鋼を用いて炉材の性能を上げることにより、地球環境問題となっているCO2の排出量を抑えることを考えています。

 大学生活の中の思い出といえばはやはり勉強に関したことですね。特に材料に関する専門、例えば様々な材料特性について知ることができたのが面白くて印象に残りました。また他県の方といろいろ技術交流できたことも良い思い出になっています。

 これから大学院に進学し力をつけ、材料の研究や技術に関われる企業、特に今の研究テーマを活かせるところで働きたいと思っています。

メッセージ

今、日本の産業が苦しいところですが、基本である材料から産業を建て直せればと思うので、是非若い人には材料に興味を持ってもらいたいと期待しています。

OTHER STUDENTS’ VOICE

  • 機械システム工学科 梅井 淳平
  • 社会環境工学科 永井 千彩希
  • 物質生命化学科 木村 かさね
  • 情報電気電子工学科 中村 明日希
  • 数理工学科 石原 葉月
  • 建築学科 光山 哲平

PAGETOP