在学生の声

  • ホーム
  • > 在学生の声:物質生命化学科 木村かさね

「研究の楽しみ、4年生まで待って!」

物質生命化学科 木村 かさね

 物質生命化学科に入った理由は、高校の時から化学が好きだったことと、化学系学科には女性が多いという点です。また宮崎出身ということがあり熊本には親しみを感じておりましたので熊本大学を志望しました。

 注射などの薬剤の溶液は毒性のある物質LPSが含まれることもあるのですが、シクロデキストリンを高分子化してそのLPSを取り除く吸着剤として利用する研究をおこなっています。DNAとLPSを選択的に吸着できる点がこの方法の特長です。将来的には安全なワクチンの精製や一般の飲料水の浄化に役立てばと考えています。

 オーケストラのサークルでクラリネットの演奏をしてきました。夏休みに地域で演奏会を開き小学校の子供たちと触れ合うのが楽しかった思い出です。

 これから大学院に進学することを考えていますが、その後は化粧品メーカーに入り、保湿性の高いものを開発するのが夢ですね。

メッセージ

1~3年までは授業と実験が多いので、好きな研究というのはなかなかできませんが、4年になると自由に思いっきりできるということを知っておいてもらいたいですね。

OTHER STUDENTS’ VOICE

  • 機械システム工学科 梅井 淳平
  • マテリアル工学科 山口 将史
  • 社会環境工学科 永井 千彩希
  • 情報電気電子工学科 中村 明日希
  • 数理工学科 石原 葉月
  • 建築学科 光山 哲平

PAGETOP