在学生の声

  • ホーム
  • > 在学生の声:建築学科 光山哲平

「きっとやりたいことが見つかるはず。」

建築学科 光山 哲平

 小さいころからインテリアに興味があって、建築で面白い空間を作り出したいという思いが建築学科を志望した動機です。

 研究テーマは、内装材料の化学物質低減性能に対する簡易試験方法の開発です。壁などの内装材料が発する化学物質が室内空気汚染による健康被害の原因になっています。 現在は化学物質の発生を低減する内装材料が登場していますが、その評価に時間がかかっています。そこで簡易な試験方法を開発しようとしています。

 3年の時、建築展というイベントがあり、皆で段ボールを使った面白い空間を創りました。多量の段ボールを使用するため熊本市中から集めました。特にこの多量の段ボールを切るのがたいへんで記憶に残っています。

 将来、大学院に進学したら温熱環境についても勉強するつもりで、修了後は建設会社の設備部門に入り、室内空気環境について総合的に関われる仕事がしたいと思っています。

メッセージ

建築と言うと設計図を書くイメージがありますが、実際は内容が設計、構造、環境設備、生産と幅広いので、きっと自分のやりたいことが見つかるはずです。

OTHER STUDENTS’ VOICE

  • 機械システム工学科 梅井 淳平
  • マテリアル工学科 山口 将史
  • 社会環境工学科 永井 千彩希
  • 物質生命化学科 木村 かさね
  • 情報電気電子工学科 中村 明日希
  • 数理工学科 石原 葉月

PAGETOP