時代の要請に応える

世界水準の教育拠点と

社会貢献への取り組み

最先端研究

先端マグネシウム国際センター長 河村 能人

先進マグネシウム国際センター長
河村 能人

2015年3月に設立された KUMADAIマグネシウム合金の新研究拠点

2015年3月に設立された
KUMADAIマグネシウム合金の新研究拠点

軽さと強さ
高い耐熱性を兼ね備えた
今までにないマグネシウム合金を開発

 実用金属の中で最も軽いのがマグネシウム。曲がりにくさと放熱性も高いことから、パソコンや携帯電話、デジタルカメラなどの情報家電にも使われています。しかしマグネシウムは強度や耐熱性が弱く、それらの強度を上げる研究が盛んに行われています。この分野でいち早く成果をあげたのが、熊本大学自然科学研究科です。2001年には、室温で超々ジュラルミンの2倍の強さを持つ「ナノ結晶合金」を、また2003年には製造法が簡単で低コストで作れる「鋳造合金」を開発しました。
 これらは「KUMADAIマグネシウム合金」と呼ばれ、日本の産業界はもちろん、世界中からも注目を集めています。KUMADAIマグネシウム合金を自動車や航空機に使用すると、車体や機体が軽くなるため燃費が向上し、二酸化炭素排出の削減にもつながります。そのため「エコにつながる素材」として早期の実現化が望まれているのです。もっと身近なものでは、自動車や車いす、草刈り機の軽量化が可能になるなど、快適な暮らしにつながる素材としても期待されています。
 現在はこの素材の実用化を目指して産学官の大型プロジェクトを進めています。また、2015年3月にはマグネシウムのための研究設備を集約した新研究拠点が設立され、基礎研究から応用研究までを効率的に実施する環境が整備されました。この新しい素材を基盤とした新産業が熊本で発展すれば、地域の企業の発展はもちろん、日本中の大企業を熊本に呼び込むという効果も期待できます。熊大、そして熊本が「次世代マグネシウム合金」の一大研究開発拠点となることを目指し、人材の育成と素材の開発研究に取り組んでいます。

KUMADAIマグネシウム合金の力学特性を評価する材料試験装置

KUMADAIマグネシウム合金の力学特性を評価する材料試験装置

先端マグネシウム国際センター長 河村 能人

先進マグネシウム国際センター長
河村 能人

2015年3月に設立された KUMADAIマグネシウム合金の新研究拠点

2015年3月に設立された
KUMADAIマグネシウム合金の新研究拠点

社会貢献・環境保護

大学院先端科学研究部 准教授 松田 俊郎

大学院先端科学研究部
准教授
松田 俊郎

松田研究室

松田研究室

熊本大学をはじめとする熊本の産官学が
推進する環境省委託プロジェクトで開発した
EVバスの実証試験を平成30年2月から開始

 地方公共交通の主力である路線バスに「排気ガスゼロ」、「CO2排出が少ない」、「低燃費」のEVバス( 電気バス) を普及させるため、熊本大学大学院先端科学研究部の松田 俊郎 准教授を技術開発代表者とし、熊本の産官学*が共同開発者として参加する環境省委託プロジェクト「EVバス、トラックの普及拡大を可能とする大型車用EVシステム技術開発」を進めています。
 このプロジェクトは、最新の電気自動車技術を使って廉価で実用性の高い普及型EVバスを実現して全国的なEVバスの社会実装を目指すものであり、平成30年2月から九州産交バスの営業路線でEVバスの試験車を走らせる実証試験を行っております。
 本プロジェクトの特長は、EVバス・トラックの迅速な普及拡大を狙いとし、乗用車EVの量産技術を使ってバス・トラック最適のEVシステムを構成して低価格化を実現すること、熊本大学独自の制御技術により運転者の運転負担を軽減し、走行時の消費電力も低減すること、車両設計製造技術を標準化して全国の車両製造会社での生産供給を目指していることであり、社会的貢献として、路線バスやトラックの排気ゼロ化、CO2削減、低燃費化が期待され、副次効果として、EVバス・トラックを地方で生産して地域最適の運用を行うという産業振興面、地方創生面の貢献も期待されます。

*{ 熊本大学、(株)イズミ車体製作所、九州産交バス(株)、熊本県 }

実証試験車 よかエコバス号

実証試験車 よかエコバス号

大学院先端科学研究部 准教授 松田 俊郎

大学院先端科学研究部
准教授
松田 俊郎

松田研究室

松田研究室

実証試験開始セレモニー動画