教員特集

都市・建築・家具が協働することで生まれる
新たな空間で、街に活力を

Tomoyuki TANAKA
田中 智之
教授・博士(建築学)
大学院先端科学研究部
工学部土木建築学科
建築家
PROFILE
1971年埼玉県生まれ。1994年早稲田大学理工学部建築学科卒業。1996年早稲田大学大学院修士課程修了。1996年早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。NASCA、同大学専任助手、同大学芸術学校客員講師等を経て、2005年熊本大学助教授。2006年TASS建築研究所を共同設立。2011〜15年熊本大学学長特別補佐。2014年建築作品による博士号を取得(早稲田大学)。現在、熊本大学大学院准教授。主な作品に「熊本駅周辺地域都市空間デザイン(2005-/都市デザイン)」、「渋谷駅解体(2011/ドローイング)」、「京町の家(2014/住宅)」などがある。

“建築的視点”と“手業”で 
活力ある都市環境をつくる

 建築だけでなく家具から都市デザインまで幅広いプロジェクトに携わり、熊本の2大プロジェクトとされる熊本駅周辺の都市空間デザインおよび桜町・花畑周辺地区まちづくりマネジメントでは中心的役割を担う田中准教授。おもな研究テーマは大きく3つあり、1つめは“建築的視点”と“手業(てわざ)”で活力ある都市環境をつくること。「たとえば桜町・花畑周辺のまちづくりの一環として、学生の意見を採用して花畑広場に動かせるL型の椅子を設置。また学生が製作した街の模型に市民から意見をもらうとか。市民と行政の繋ぎ役となっています」。中心市街地では、上乃裏に住宅を持つ主の依頼で隠れ家的な飲食店へと改造。田中准教授の研究室がコンセプト提案から設計施工、今では運営のお手伝いまで携わっています。カウンターにはLEDのペンダント照明が客のグラスに直接あたるよう低く配置され、まるでグラスが照明となる趣に。一見すると会員制店舗のような入りづらい雰囲気ですが、「そこが主の狙いで、境界線を飛び越えてきた人はほぼ常連さんとなっています」。学生のアイデアによる島のような形のカウンタースペースも加わり、街に小さな賑わいが滲み出しています。

 熊本地震の際には世界的建築家・坂茂さんが発案した『避難所用間仕切りシステム』を製作・設置するプロジェクトに協力。「学生たちがコアスタッフとなり、他大学の学生にも手伝ってもらい38カ所に2,000ユニットを設置できました。そして2カ月ほど経った頃、坂さんが御船町に建てた木造仮設住宅の空き地に『コミュニティスペース』を計画。縁側のようなスペースと小さな談話室。屋根は避難所用間仕切りでフレームとして用いた紙管を学生が輪切りにしてデザイン化して日よけに。こちらは2017年度のグッドデザイン賞特別賞を受賞しています。

社会の問題解決に向けた 
建築の可能性を学ぶ

 2つめのテーマは「新しい建築や都市の表現を考える」こと。田中准教授は『手描き』が持つ可能性を学生たちに伝えています。「パースはCGでもできますが、手描きだとそこに人が関わっていることが伝わり、精神や感覚に響くのではないかと。これは都市や街の考え方に近く、いろんな人の考え方や努力、手間が集積しているからものすごいエネルギーを感じて活力をもらえる。同じように手描きにも描いた人の思いが集積され、エネルギーやオーラを放つと思うのです。ですから、あえて手描きにすることで観察力を養い、“頭”と“手”を使って考えてもらっています」

 そして最後のテーマは「建築を一般化する」こと。『けんちく寿プロジェクト』と題して熊本の歴史的建造物を人の人生と捉え、成人や還暦といった節目をお祝いする一般参加型の見学会や座談会を開催しています。「近年、熊本市水道局など歴史的に価値の高い建造物が次々と取り壊されてしまって。素晴らしい建築が身近にあることを市民が知ることにより、壊すべきか残すべきかなど、建築について考えるきっかけが生まれるのではと考えています」。このように都市と建築(広場)、家具といったあらゆる分野の活動が領域を越えて協働することで新しい空間が生まれ、街が活性化していくことを目指しています。「建築は設計図を描くだけでなく、地域や社会の問題解決を担うもの。歴史や理論など文系の部分も含まれていれば、構造や環境などは理系の素養も必要で、『文理融合』ともいわれる広い領域です。ですから、日頃もいろんなことに興味を持つことが大切で、何より建築は人のためのものですから「人」に興味を持つことから始まります。今の時代は建築だけ家具だけという発想ではなくなってきていますから、大学で多くの人に出会い、幅広く学んだことは社会に出たときにきっと役立つはずです」