土木建築学科

学科長の挨拶

土木建築学科へようこそ

土木建築学科学科長田中 智之  

熊本大学工学部土木建築学科は大きく3つの特徴を持ちます。

1つは伝統ある学科であるということ。
 源流まで遡れば1897年設置の第五高等学校工学部土木学科であり、同年に設置された京都帝国大学土木工学科とともに、1877年の東京大学理学部工学科土木工学専修に次ぐ古い歴史を持ちます。それからおよそ半世紀後の1942年に建築工学科が設置されました。そして近年では2006年に設置された社会環境工学科と建築学科が2018年に改組となり、現在の土木建築学科として新たに出発しています。

2つめは持続可能な社会を実現するために不可欠である土木工学、地域デザイン、建築学により構成されている学科であること。
 近年はグローバル化の進展と同時に、社会問題の多様化や毎年頻発する災害そして疫病など、社会基盤や都市環境のあり方が問われ、見直されつつあります。その中で本学科では土木から建築に至るまで幅広い専門領域を持つ教員が日々研究、教育を行っています。その教員による「学科基盤科目」と3つの「教育プログラム専門科目」を通じて、みなさんも新たな世界を知る喜びを味わうとともに、次世代の社会生活環境について考えてみてください。

そして3つめは学生・教員・卒業生の活動や交流を大切にしているということ。
 本学科では学生・教員・卒業生の社会的活動や交流を大切に考えています。学生の活動である「建築展」や「蘇遙会」、学生災害ボランディアの「熊助組」、そして土木・建築の教員が協働している復興まちづくりの拠点「ましきラボ」などがあります。また卒業生の組織である「工業会」では様々な交流や学生のサポートが行われています。こうしたコミュニティの存在はきっとみなさんの大きな財産になるので、ぜひ積極的に参加してください。