情報電気工学科

学科長の挨拶

情報電気⼯学科へようこそ

情報電気工学科学科長常田 明夫

 

 スマートフォン、コンピュータ、⾃動⾞、医療機器、再⽣可能エネルギー発電などの⾝近な製品・サービスは我々の⽣活を安全かつ快適なものにしていますが、これらはすみずみまで情報・電気・電⼦⼯学分野における⾼い技術の恩恵を受けています。同時に、これらの分野はあらゆる産業の基幹技術を含んでおり、今⽇では、⼯業⽣産はもとより、経済、社会、⽂化など、⼈類のほとんどの活動が情報・電気・電⼦⼯学分野の技術に⽀えられています。これらの技術のさらなる発展が「ものづくり⽇本」の将来を⽀え、来たるべきDX(デジタルトランスフォーメーション)社会においても中⼼的役割を担うものと確信されます。
 以上の背景のもと、本学科では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア、情報通信、電気エネルギー、電⼦デバイスなど、情報・電気・電⼦⼯学の3分野の基礎をバランスよく学ぶことができるとともに、学部から⼤学院まで⼀貫した教育プログラムで⾼い専⾨性を備えることができます。また、これら3分野を複合的に学ぶことも可能であり、⾼い専⾨性のみならず、幅広い視野をもって活躍できる技術者・研究者の育成が⾏われています。教育研究スタッフの研究分野も多岐にわたり、活発な研究活動によって多くの優れた成果が⽣み出されています。
 本学科に興味をもっていただいたみなさんを歓迎します。この分野には柔軟な発想⼒をもつ若い⼒が必要です。私たちと⼀緒に豊かで明るい未来社会を⽬指しましょう。